トイプードル ドッグフード おすすめ

トイプードルに最適なおすすめドッグフードをご紹介!


ドッグフード選びはとても重要

そのドッグフード大丈夫ですか?

トイプードル、可愛いですよね。現在も飼いたいワンコNO.1の犬種。

トイプードルって、人懐っこくて元気いっぱい、かと思えば温厚な面もあるので初心者にはとっても飼いやすいワンコ。
あと、とにかく賢いのでしつけがしやすいのも人気のヒミツですね。

愛犬

私も現在3歳になるトイプードルを飼っています。もう可愛くて癒されっ放しの毎日。

最近は食欲モリモリで病気をすることもなく、体重も安定していてウンチもキレイ。順調そのもの。

それもこれも1年前にやっとコレっていうドッグフードに出会えたからだと思っています。

私はワンコを飼うのが今回初めてだったので、ドッグフードの大切さが全然わかっていなくて、そのせいでワンコにすごく可哀想な思いをさせてしまったことがあるんです。

ドッグフードひとつでワンコが元気になるか病気になるかっていうくらいなので、ドッグフードの選び方には本当に慎重になった方がいいですね。

トイプードルにあったドッグフードはこちら

安価なドッグフードは添加物だらけなので注意

多くの飼い主さんは、ペットショップやブリーダー、あと動物病院などで勧められたドッグフードを与えているのではと思います。私もそうでした。

でも、それらのドッグフードはあまり良くないものが多いので注意が必要です。

「サイエンスダイエット」人口添加物が結構入ってるので注意した方がいいかも

ペットショップや動物病院などで勧められるドッグフードは、ホームセンターなどで買えるメーカーのものがほとんどです。

ちなみに私が勧められたのは「サイエンスダイエット」。

コレ、そんなに悪いドッグフードではないんですけど、防腐剤などの人工添加物が結構入っているので、できたら避けた方がいいです。

トイプードルは比較的体が小さいので(大きい子もいますが)、ドッグフードに添加物などの体に悪いものが少し入っているだけでウンチがゆるくなったり、病気になりやすくなったりします。

それなのに日本のドッグフードに対する添加物の規制はすごくゆるいので、粗悪なドッグフードが安価でたくさん出回っている状態なんです。

かぁちゃ〜ん、美味しくて安全なフードが食べたいよぉ

私も最初のうちは知らずに与えていたので、ワンコには可哀想なことをしたと反省しています。

大型犬になるとドッグフード代もかなりかかっちゃいますが、トイプードルなら1回に食べる量もそんなに多くはないので、ちょっと値段が高くても無添加で評判の良いドッグフードを与えてあげて欲しいなと思います。

うちのトイプーはこれが好き

ちなみに私が自分のトイプードルに、いま与えているのは、カナガンオリジンです。

これ大好き

この2つを2ヶ月おきにローテーションしています。両方とも食いつきがすごく良くて、ウンチの色も硬さもちょうどいいし、においも少ないです。

1年ローテーションしてますが、今のところ飽きる気配もなく、いつも美味しそうに飛びついて食べてます。

どうしてこのドッグフードにしたのか

私が最終的に「カナガン」と「オリジン」にした理由はコレです。

  • 人工的な防酸化剤を一切使用していない
  • 主な原材料は肉類
  • 穀物類を使っていない「グレインフリー」
  • すべて人間が食べられる材料を使っている

もちろん、その他の同じようなドッグフードもいくつか試してみましたが、ウチのトイプードルにいちばんあっていたのがこの2つ。

食いつき、ウンチ、毛並み、目やになどの状態がすごく良かったんですね。

なので、今は「カナガン」と「オリジン」の2つに絞って与えてます。

グレインフリーがオススメ

グレインフリードッグフードというのは、とうもろこしなどの穀物を使用していないドッグフードのことで、最近人気になってきています。

犬は元来肉食の動物なので、穀物は消化しにくく、さらにアレルギーを引き起こしやすいことから、このグレインフリーのドッグフードが良いとされています。

トイプードルには穀物類が入ってないグレインフリーのドッグフードなので安心

安価なドッグフードは、価格を下げるために安いとうもろこしが主に使用されていたりするので、そういうのは避けた方が無難ですね。

ローテーションもありです

ちなみに、カナガンとオリジンでローテーションしている理由は、トイプードルはドッグフードを選り好みする傾向があるので、飽きを防止させていること、それから原材料や栄養のバランスがそれぞれで違うので、栄養が偏るのを防いでいることです。

かぁちゃ〜ん、あたちのために気を遣ってくれてありがとね〜

オリジンは、穀類ゼロで肉の量が多く、高たんぱく質なのが特徴なんですね。

犬は元来肉食なので、高たんぱくな食べ物がとても良いのですが、ウチのトイプードルは消化器官が弱いので、ずっとだとちょっと強すぎるかなと思い、消化がいいサツマイモなどの野菜類が入っているカナガンも与えることでバランスを良くしています。

あと、オリジンは結構高いので、比較的お手頃の値段のカナガンとローテーションすることで、コスパを良くしているという理由もあります(笑)

その子にあったドッグフードを見つけましょう

同じトイプードルでもその子の体質によって合う合わないがあるので、カナガンとオリジンが必ずしもいちばんという訳ではないと思います。

大切なのは、原材料と成分をきちんと確認して、まず良いドッグフードを選ぶこと。

そこから実際に与えてみて、自分のトイプードルにあったものを見つけてあげることです。

間違ってもスーパーやホームセンターなどでは買わないようにしてくださいね。

そこで、トイプードルにぴったりなオススメドッグフードをいくつかご紹介。
アナタのトイプードルに合うドッグフードをぜひ見つけてくださいね。

トイプードルにおすすめなドッグフードはコレ

カナガン

カナガン

グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードの中でも、非常に評判が良く人気があるドッグフード「カナガン」。

主な原材料は「チキン」で、全体の60%が肉類です。
残り40%が野菜などの植物成分で、人工添加物は一切入っていません。

粒は子犬や小型犬も食べやすい小粒タイプ。真ん中に穴があいているので噛みやすく、高齢犬でも食べられるのが特徴ですね。

カナガンをオススメするポイントは、なんと言ってもコスパの良さ。品質が確かなプレミアムドッグフードの中でいちばん安いんじゃないでしょうか。

この内容でこの価格のドッグフードは他にないと思います。
食いつきも抜群なので、いちばんオススメなドッグフードです!

原産国名 イギリス
原材料 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
成分分析値 粗たんぱく質 : 33.00%、  脂質 : 17.00%、  粗灰分 : 9.00%、  粗繊維 : 3.50%、  炭水化物 : 32.5%、  水分 : 8.50%、  オメガ6脂肪酸 : 2.80%、  オメガ3脂肪酸 : 0.90%、  カルシウム : 1.86%、  リン : 1.42%
1gの単価(円) 2.14

カナガンのことをもっと詳しくみてみる

カナガンドッグフードの購入はこちらから

オリジン

オリジン

「オリジン」ドッグフードは、数あるプレミアムドッグフードと呼ばれるものの中でも最高級と評判のドッグフードで、「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」に3年連続選ばれています。

「オリジンアダルト」は、全原材料の80%が肉類で、残り20%がフルーツと野菜でできています。

カナガン同様、グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードになります。こちらも人工添加物は一切入っていません。

すべての製品をカナダにある自社工場(受賞歴あり)でのみ製造しているという徹底ぶりで、その品質はNO.1ドッグフードと言っていいと思います。

価格が他のドッグフードに比べて少し高いのが難点ですが、価格を考えないのであれば、「オリジン」は間違いなくオススメです。

原産国名 カナダ
原材料 新鮮骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、新鮮鶏肉レバー、新鮮丸ごとニシン、新鮮骨なし七面鳥肉、乾燥七面鳥肉、新鮮七面鳥レバー、新鮮全卵、新鮮骨なしウォールアイ、新鮮丸ごとサーモン、新鮮鶏ハツ、鶏軟骨、乾燥ニシン、乾燥サーモン、鶏レバー油、赤レンズ豆、グリンピース、緑レンズ豆、日干しアルファルファ、ヤムイモ、えんどう豆繊維、ひよこ豆、カボチャ、バターナッツスクワッシュ、ホウレン草、ニンジン、レッドデリシャスアップル、バートレット梨、クランベリー、ブルーベリー、昆布、甘草、アンジェリカルート、コロハ、マリーゴールドフラワー、スイートフェンネル、ペパーミントリーフ、カモミール、タンポポ、サマーセイボリー、ローズマリー、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ナイアシン、リボフラビン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン、発酵乾燥腸球菌フェシウム
※BHA、BHT、エトキシキン等の人工的な防酸化剤は不使用。
成分分析値 たんぱく質 : 38.0%以上、  脂肪 : 18.0% 以上、  繊維 : 5.0% 以下、  水分 : 10.0% 以下、  カルシウム : 1.4% 以上、  リン : 1.0% 以上、  オメガ6 : 3.0% 以上、  オメガ3 : 1.1% 以上、  グルコサミン : 1400mg/kg 以上、  コンドロイチン : 1200mg/kg 以上
1gの単価(円) 2.67

オリジンのことをもっと詳しくみてみる

オリジンドッグフードの購入はこちらから

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフードは、100%天然素材のみを厳選して作られたイギリス産の無添加プレミアムドッグフードです。

ナチュラルドッグフードの一番の特徴は、「ラム肉」が主な原材料になっている点です。

ラム肉は、お肉の中でも一番アレルギーになりにくいと言われている食材なので、鶏肉が合わないというワンちゃんに特にオススメなドッグフードですね。

その他、アレルギーになりやすい、小麦・大豆・乳製品・とうもろこし・牛肉・豚肉なども使用されていないので、愛犬のアレルギーが気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

原産国名 イギリス
原材料 生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母、海藻、ラム精製油
成分分析値 粗たんぱく質 : 20.0%、  粗脂肪 : 12.5%、  粗灰分 : 7.0%、  粗繊維 : 6.0%、  水分 : 8.0%
1gの単価(円) 2.14

ナチュラルドッグフードのことをもっと詳しくみてみる

ナチュラルドッグフードの購入はこちらから

ファインペッツ

ファインペッツ

FINEPET'S(ファインペッツ)ドッグフードは、すべての犬種、犬齢に合うというコンセプトにより作られているドッグフードです。

主な原材料は、ナチュラルドッグフードと同様、アレルギーになりにくい「ラム肉」になりますが、ナチュラルドッグフードと違うのは「鶏肉」、「鮭肉」が入っているという点です。

こちらも人工添加物は一切入っていません。

FINEPET'S(ファインペッツ)の最大のポイントは、初回お試しがあるところ。1kgなんと¥540(税込)でお試しできてしまいます。

愛犬が食べてくれるかどうか不安な場合、こういうお試しがあるとありがたいですよね!

原産国名 オーストラリア
原材料 仔羊肉、鶏肉、オートミール、全粒大麦、全粒米、鶏脂、ポテト、鮭肉、鶏レバー、サーモンオイル、炭酸カルシウム、亜麻仁、乾燥全卵、塩化カリウム、乾燥酵母、昆布、レクチン、乾燥リンゴ、トマト、チコリ抽出物、マンナンオリゴ糖、コリン、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ニコチン酸、ビタミンC、イノシトール、Dパントテン酸カルシウム、チアミン硝酸塩、リボフラビン、βカロテン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12)、ミネラル(亜鉛、鉄分、銅、マンガン、ヨウ素酸塩カルシウム)、タウリン、グルコサミン塩酸塩、ユッカシジゲラ抽出物、プロバイオティクス(アシドフィルス菌、カゼイ菌、腸中菌、ビフィズス菌)、Lカルニチン、コンドロイチン、タイム、桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜、ローズマリー抽出物
成分分析値 粗蛋白質 : 26%以上、 粗脂肪分 : 16%以上、 粗繊維質 : 5%以下、  灰分 : 10%以下、 水分 : 10%未満、 カルシウム分 : 1.8%以上、  オメガ6 : 3.0%、 オメガ3 : 0.4%、 熱量(※) : 382kcal / 100g、  炭水化物量 : 35.2%、 代謝エネルギー量 : 440kcal/100g
1gの単価(円) 2.26

ファインペッツのことをもっと詳しくみてみる

ファインペッツの詳細と購入はこちらから

メタボになっちゃたトイプードルにおすすめなドッグフードはコレ

フードの食べ過ぎ、運動不足などで太り過ぎちゃったトイプードル。

そのままにしておくと、人間同様、様々な病気になってしまう危険性があるので、愛犬の健康のためにダイエットをした方がいいです。

運動を増やすのと同時に低脂肪のドッグフードを与えてあげましょう。

メタボになっちゃたトイプードルにオススメの低脂肪ドッグフードはこちらです

犬心「いぬこころ」

犬心

メタボなワンコだけじゃなく、高血糖・高脂血が関わるトラブルや病気を抱えているワンコにぜひ試してみてほしいのがこちらの「犬心」。

クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下、高脂血症、糖尿病、メタボ肥満、脂質代謝異常症の7つのトラブルや病気をすべて同時にケアすることができる、療法食ドッグフードです。

専門家チームを結成し、獣医、栄養学の専門家、5大学と連携して10年間かけて開発されたフードで、厳選したフレッシュ自然原料のみ使用。オリジナルの手作り製法にて作られていて、添加物等は一切入っていません。

低カロリーでも、高消化性たんぱく質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などバランスよく入っていて、栄養面もしっかりしているのがポイントですね。

犬心は定期コースで購入するとかなりお得になるのでオススメ。しかも200gの無料お試しができます。

無料お試しは定期コースを申し込む必要がありますが、無料分を試してみて愛犬に合わないと思ったら、定期コースをキャンセルすることができるので、断然これで申し込むのが得策です。

原産国名 日本
原材料 生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつまいも、じゃがいも、ごま、ココナッツ。とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖
成分分析値 粗たんぱく質 : 23〜27%、  粗脂肪 : 5〜9%、  粗繊維 : 5〜8%、  可消化性炭水化物 : 40〜45%、  リジン:約1.9%、  Lカルニチン:300ppm以上、  ビタミンE:400IU/kg以上、  ビタミンC:100mg/kg以上、  セレン:約0.7mg/kg、  ナトリウム:約0.3%、  カリウム:約0.7%、  熱量 : 325kcal / 100g、 
1gの単価(円) 2.34(3kg定期コース)、2.81(単品コース)

愛犬の健康ダイエット用フード

犬心ドッグフードの購入はこちらから

ドッグフードは良いものを

ドッグフードを食べてくれない私の愛犬

1年程前に悩みに悩んでいたこと、それが私が飼っているトイプードルのランが「ドッグフードを食べない」ということでした。

かぁちゃ〜ん、あたち美味しいのしか食べないもんね〜

これはトイプードルを飼っている人の多くが経験されているんじゃないかと思います。

トイプードルはその賢さからドッグフードを選り好みする傾向が強いんですよね。 自分の気に入ったドッグフードじゃないと食べなかったり、最初は食べるけど飽きてきて食べなくなったり。

愛犬ランの場合は、引っ越しで環境が変わったことがきっかけでドッグフードをあまり食べなくなってしまったんです。

その時与えていたドッグフードは、子犬の頃から与えていたのと同じメーカーでホームセンターなんかに普通に売っているドッグフードでした。

フードジプシーに陥る

ドッグフードはあまり替えない方がいいと思っていたので、無理やり手で食べさせたり、お腹が空いたらそのうち食べるかなと思ってしばらく様子みたりしているうちに体重がどんどん減ってきてしまいました。

そのドッグフードいらないワン(怒)

これはマズい、とりあえず違うものに替えようと思って、ホームセンターで違うメーカーのものを買って与えてみたところ、最初は喜んですぐ食べたんですが、3日ほどしたらまた食べなくなってしまって。

しかも、ウンチがゆるくなることが多くなってきたんですね。

ドッグフードを替えると、お腹が慣れるまでウンチがゆるくなることはよくあることだけど、それにしてもランには合ってないような感じでした。

そこからまた色々ドッグフードを変えてみたんですが、「すごく食いつきはいいけどウンチがゆるい」、「ドッグフードの粒が多きすぎて噛まずに飲んでしまってその後吐いてしまう」、「食べない」など、なかなか合うドッグフードが見つからない。

そうこうするうちに体重もどんどん減っていって、最高2.9kgあった体重が2.2kgまで落ちてしまって本当にどうしようという状態でした。

ドッグフードって重要だったんだ

そこで今度は、ネットでドッグフード探しをしたところ、ドッグフードに関する情報が色々出てきて、ワンコにとってドッグフードってすごく重要なものだったんだと、ここで初めて思い知らされたんです。

今まで添加物だらけの体に良くないドッグフードを与えてたんだと思ったら、ランに対してすごく申し訳ない気持ちになりました。

そこからドッグフードについて、色々勉強するようになったんですね。自分のワンコには健康に育ってほしいですから。

ホームセンターに売っているドッグフードはやめた方が無難です

まず、ホームセンターに売っているようなドッグフードはズバリ良くないです。こういうところで売っているドッグフードは添加物だらけで体に悪いものがほとんど。

日本のドッグフードに関する添加物などの規制は、海外の規制よりもゆるゆるで、最近になってやっと見直され始めているっていうくらいドッグフードに関しては遅れているので、安易にホームセンターやスーパーなどで購入するのは危険ですね。

いいドッグフードを見極めよう

ちなみにドッグフードの先進国は、アメリカカナダオーストラリアドイツイギリスなどです。

これらの国のドッグフードには、評判の良い無添加ドッグフードが数多くあるので、こういうドッグフードから自分のトイプードルにあったドッグフードを見つけるのがいいと思います。

もちろん日本のドッグフードでも素晴らしいものはありますので、海外産、国産限らず、原材料をきちんと確認して選ぶことが大切。

ただ、こういった高級ドッグフードでも、その子に合う合わないがどうしてもあります。同じトイプードルでも体質によって様々なので。

「カナガン」と「オリジン」

私の場合は、原材料がしっかりしていて評判の良いドッグフードを色々試して、最終的に落ち着いたのがカナガンとオリジンです。

ちなみにカナガンはイギリス、オリジンはカナダのドッグフードになります。

この2つを2ヶ月おきにローテーション。そのおかげか、与え初めて2ヶ月ほどで体重が2.4kgまで戻り、その後はずーっと安定しています。

カナガンとオリジンに出会う前は、何回か吐いたりすることがあって病院に通ったり、入院したりしたこともあったんですが、今では全くそんなことも無くなりました。

愛犬のトイプードルが健康で長く生きるためにも、毎日食べるドッグフードは、ぜひいいものを与えてあげて欲しいと思います。

トイプードルにあったドッグフードはこちら